最近何かいいことあった? と彼女は聞いてきた。


最近何か良いことあった? と彼女は聞いてきた。
街中でばったり会った彼女はきれいな着物を着ていて、赤い鼻緒の草履を履いていた。彼女に会うの数年ぶりだった。
僕は言葉の意味がつかめず、もう一度頭の中でなぞってみた。
「最近何かいいことあった?」

続きを読む

春のうららの石徹白でコロナと未来を徒然と考える


去年の夏にフラッとやってきた石徹白に、まだ滞在中だ。もう半年経つ。
相変わらず石徹白は美しく、いまだに外に出た時の匂いの変化とか初めて見る奇跡的な光景とかにハッとする瞬間が頻繁にある。
当たり前にそのあたりに漂っている、こうした新鮮さが人を石徹白に惹きつけるのかもしれない。

続きを読む

石徹白で考えた豊かな世界と貧しい世界


石徹白に来て一ヶ月が経った。
あと一ヶ月くらいは滞在する予定なんだけど、僕の車は雪が降ると身動きできなくなってしまうので、雪が積もり出すギリギリくらいの時期に脱出することになると思う。
脱出に失敗したら雪が消える春まで滞在することになるが、雪に包まれた美しい石徹白も見てみたいので、脱出に失敗したらそれはそれで楽しみでもある。とか呑気に構えている。

続きを読む

滝のような大雨の中、トイレの向こうに金髪ガール


九州にしばらく滞在している。
ここ3日くらい風邪で寝込んで動けなくなっていた。
大人になってからここまで寝込んだのは初な気がする。
目が痛くてパソコン開けないし、気持ち悪くて立って歩けないし、火山灰の中の人みたいな声しか出ないし、なかなかしんどかった。
まだ脳みそに鼻水がまとわりついている感じがある。

続きを読む

僕らは次世代に何をプレゼントすればいいんだろう


旅しながら盆踊りを踊ってる人として紹介されることが多い。
紹介としてはキャッチーだし、実際そういう一面もあるので間違ってはいないんだけど、芯を外してる感じがしてモヤモヤする。
確かに僕は盆踊りを含めた日本の民俗芸能に魅了されてはいるんだけど、踊りを踊りたくて各地を巡っているかと言われると全然違う。
もともと僕が車の旅を始めた理由は、東京にいるときに短い結婚をしたことに端を発する。

続きを読む

くるまの旅、くるまの生活


ここ一年くらい車で仕事をしながら旅をしている。
車で寝て、車で食事して、車で本を読んで、多くの時間を車で過ごしながら、毎日のように移動を繰り返し、日本国内の広い範囲を回っている。
色々な場所で、その土地の唄を聴き、その土地の人としゃべり、気持ち良い場所を散歩し、腹が減ったら何か食べて、静かな場所を探して寝る。そんな感じだ。

続きを読む

ギャルよ、味噌を持って山へ入るといい


旅先のゲストハウスで、部屋が一緒になったギャルのショッピングに付き合うっていうわけのわからない展開になった。
手に取った服を体に重ねながら、くるっと回って、これ似合う?って言ってくるギャルに、あー、若い頃こういうどうでもいいのあったなぁ…という既視感に襲われる。

続きを読む